いつもの夜遊びに飽きたら……スナックでしっとり呑みませんか?

沖縄のスナックの特徴と歴史

花に囲まれている女性

梅田でセクキャバ遊びを楽しむならクオリティの高いお店選びは必須です。オススメなのは女性のレベルが高いこちら。

沖縄では、スナックやキャバクラ、クラブなど女性が接客する飲酒店を総じて飲み屋と呼びます。地元の人が「飲み屋に行く」といえば、居酒屋ではなくスナックやクラブのことだと思った方が良いです。沖縄の夜の街といえば有名なのが那覇市の松山です。那覇市ならば那覇国際通り商店街や若狭、久米にもスナックや居酒屋が集中しています。また、沖縄市、名護市、浦添市など観光地として知られているエリアにスナックなどの飲み屋が密集しているのが特徴です。特に沖縄のスナックはアメリカのテイストを感じる店舗が多く、異国情緒たっぷりです。飲み放題が泡盛だったり、安い料金も魅力です。キャッチと呼ばれる客引きが大勢いることでも知られていて、彼らがいるからこそボッタクリ店がなく安心して楽しめると言われています。

沖縄県は1972年にアメリカから日本に施政権が戻されました。しかし、米軍関連の施設が数多くあることからアメリカ兵やその家族も大勢生活している土地です。沖縄返還前から米軍との縁が深い地域であり、街並みや建物、店舗内の雰囲気までアメリカを感じる独特の世界観があります。スナックは女性がカウンター越しに接客するスタイルの飲酒店をいい、沖縄にも多くのスナックがあります。沖縄のスナックは、リゾートホテルやリゾート地の近くに密集していることが多く、観光のついでに夜の蝶とお酒をたしなむという大人の夜を過ごすことができます。かつては那覇市牧志にある桜坂がスナックやキャバレー、バー、映画館が立ち並ぶ歓楽街として最も賑わっていました。しかし、1970年以降には店舗数が激減し、今では若狭や辻エリア、不夜城とも称される松山エリアが栄えています。

新宿ならニューハーフと飲むのもいいでしょう。あえて二丁目ではなく歌舞伎町のお店を選んでみてはどうでしょうか。

白い服の女性

人気記事

「いつもの夜遊びに飽きたら……スナックでしっとり呑みませんか?」の記事一覧です。